うっかり対策サプリ?

サントリーオメガエイドの配合成分をみると、よくあるDHAサプリの一種かと思いきや、口コミによると、どうも様子が違うようなのです。生活習慣病の予防というよりか、もの忘れが増えだしたと自覚しているシニアを中心に、うっかり対策サプリとして重宝されている節があります。

愛用者は70代が中心?

サントリーオメガエイドは、サントリーが作っているから安心という口コミは数多くにのぼります。確かに無名のメーカーの製品と比較すれば、品質・サポート体制など安心できるポイントがいくつもあげられます。
もちろん中身も大切なポイントで、サントリーオメガエイドは、うっかりの改善に効果的だという口コミは多数あります。それは主に、DHAが効いているからだと考えられます。DHAは脳や神経細胞に多くある成分で、脳の発育・機能維持に働く成分です。口コミの発信源は、40代から80代まで主に中高年層に広がりをみせていますが、やはり60代、70代が中心である傾向があり、もの忘れを改善し、高齢化社会を快適に乗り切りたいという願望がかいま見られるようです。
ものごとに前向きになったといった口コミもありますが、主にEPAによるところ大と目されます。EPAはうつの改善に効果ありという報告があるくらいで、認知症の予防にも期待がもたれている成分です。ARAも、脳細胞の修復力などの働きで、脳ざ傷の予防に有効な成分であるとして注目が集まっていて、脳の機能維持に働く重要な成分です。

摂りにくい成分が手軽に摂れるという口コミ

サントリーオメガエイドに配合されているDHAもEPAもARAも、日常的な食品に入っている成分なのですが、現状では大多数の日本人が摂取不足が指摘されています。このサプリメントなら1日6粒でよいので、摂りにくい成分もお手軽に補えるのがいいという口コミの多さに反映されているかのようです。
DHAやEPAの摂取は本来、サバやサンマなどの青魚を日常的に食べていれば事足ります。ですが、近ごろでは敬遠されがちな食材と成り下がった昨今、老いも若きもサプリを使わざるを得ない状況に追い込まれているのです。
ARAは卵やレバーに豊富な成分です。ですが、こうした食材は、コレステロールの過剰摂取が心配され、やはり適量の摂取は難しいのです。サントリーオメガエイドは、日本人の変化する食生活に適切に対応している節さえあります。
DHA、EPA、ARAは不飽和脂肪酸の性質上、酸化されやすいのですが、サントリーオメガエイドに配合のアスタキサンチンが格好の抗酸化成分となっている点、口コミで高評価を得ています。アスタキサンチン自体、脳の機能維持に働く成分で、たんなる酸化防止剤以上のものがあります。

親子でいっしょに

高齢化社会を背景に、サントリーオメガエイドの存在意義は高まる一方の状況です。寿命の延びと比例して、親子でいっしょに摂取するという光景も、いまや着実に現実のものとなりつつあるといえます。